薄毛の原因とは

薄毛の原因は遺伝だけではありません。多くがホルモンバランスの乱れや生活習慣に起因しています。遺伝だからと諦めると薄毛は進行していくばかりです。気になり始めたら薄毛治療の専門クリニックに相談に行ってみましょう。治療プランを立てるにあたって薄毛の原因が何かを教えてくれます。改善できることから少しずつ変えていきましょう。

agaクリニックと一般皮膚科の薄毛治療について比較!

一般皮膚科は投薬治療が中心

一般皮膚の治療は、薄毛治療と同時に頭皮の状態改善を狙った投薬治療を実施します。育毛につながり、生えた髪が抜けにくい環境を作ります。ただし、どこの皮膚科でもaga治療を行ってくれるわけではないので事前に問い合わせてから行きましょう。

agaクリニックはカウンセリングもあり

薄毛の原因となっているストレスや生活習慣が改善されない限り、どれだけ髪を増やし育てても意味がありません。aga治療専門クリニックは患者個別の事情にも踏み込み、その患者に合った対処法を投薬も含めて検討してくれます。

効果が高い治療を受けたいならaga専門医がいるクリニックへ行こう

aga専門医のいるクリニックなら、治療法も豊富に用意されており、期間と予算次第では集中して治療を行うことも可能です。また、専門家がしっかりと相談に乗ってくれるのは精神的に大変安心できる要素になります。悩みを軽減してくれるのは、専門医がいる大きなメリットです。

aga治療薬の種類について

男性

男性ホルモンから髪を守るプロペシア

男性ホルモンに含まれる成分が髪の成長を阻害してしまいます。それを防ぐのがプロペシアに含まれるフィナステリドと呼ばれる有効成分です。代表的なaga治療薬であり、大抵どこのクリニックに行っても処方してもらえます。

外用薬でも治療できるロゲイン

外用薬タイプの治療ができるのはロゲインです。有効成分のミノキシジルは発毛促進に効果があります。もともとは高血圧患者向けに開発された薬ですが、副作用として報告された発毛の方でaga治療薬の役目を果たしてくれます。

新しく登場したザガーロ

2016年6月から販売が開始されているザガーロは、aga治療薬としては新薬になります。プロペシアに含まれるフィナステリドよりも強い効果が期待でき、今までの治療法で効果が感じられなかった方にも治療が成功するチャンスが広がりました。

aga治療の進め方【継続的に治療を続けることが大事】

カウンセリング

薄毛治療を受ける際に知っておきたい事

投薬治療においては副作用が出ることもあり、医師の指導のもと服用を続けるのが安心です。ジェネリック薬品も用意されていますが、使用の可否は医師と相談して決めましょう。また、投薬によって薄毛を改善しようとしても生活習慣に引きずられていては効果も半減です。時間はかかるかもしれませんが、薄毛治療と同時に自分のよくない生活習慣を正すいい機会です。効果が現れるには時間がかかるので、症状に改善が見られてからも投薬や生活習慣の改善を引き続き行うことが重要です。

広告募集中