HOME>Column>自毛植毛で悩みからの解放【自然に増毛しよう】

自毛植毛で悩みからの解放【自然に増毛しよう】

男性

自毛植毛と人工毛植毛の違い

薄毛治療にも色々な種類がありますが、かなり進行した場合も植毛をすれば薄くなった部分の髪を増やすことができます。植毛には大きく分けて人工毛と自毛で行う方法があります。人工毛の場合は、ドナーとなる髪を採取する必要がなく、すぐに薄くなった部分に髪を増やすことができます。人工毛の場合は髪の成長を待つことなくすぐにボリュームを取り戻せるのがメリットです。とはいえ、拒絶反応を起こすことも多いですし、本物の髪ではないので、一度抜けると生えてくることはなく、良い状態をキープするには定期的なメンテナンスも必要です。これに対して、自毛植毛は患者自身の髪を採取し、薄くなった部分に植え込んでいきます。本人の髪なので拒絶反応が起こる心配もほとんどなく、定着した髪はずっと伸び続けてくれるので基本的にメンテナンスフリーです。髪が成長するまでにはある程度の期間は必要ですので、完成までにはやや時間も必要です。

髪の毛

自毛植毛の施術の流れと費用について

自毛植毛での治療を行うなら、まずは施術の流れや費用を知っておきましょう。来院していきなり手術ということではなく、まずはカウンセリングを受け、それぞれに最適な治療を選ぶこととなります。治療の当日は麻酔を行い、植毛に必要な髪を採取します。この時は後頭部の髪の一部が採取されることが多くなっています。髪を採取したあとは株分けを行い、植毛するためのホールの作成も行います。そしてその後は採取した髪を移植することとなります。保険適用がされないということもあり、治療費も気になるところですが、費用については、選ぶ治療方法や植毛する範囲によっても違ってきます。植毛する範囲が広くなればそれだけ治療費は高くなるということは理解しておきましょう。各クリニックではモニター制度やキャンペーンなどより治療費を安くするサービスが提供されていることもありますので、上手に活用していきたいところです。

広告募集中